助産院での出産と病院での出産それぞれのメリットデメリットは?

助産院での出産と病院での出産それぞれのメリットデメリットは?

待望の赤ちゃんを妊娠し、病院で定期健診を受け病院で出産する方が多いと思います。
しかし出産は病院だけでなく助産院ですることもできます。

 

助産院の言葉を聞いたことがある方も多いと思います。
近年は自然派志向の妊婦さんも多く助産院での出産を希望する方も多くなってきているようです。

 

では、病院と助産院では何がどのように違うのでしょうか?
ママが満足できるお産ができるように、それぞれのメリットやデメリットについて紹介していきたいと思います。

 

 

助産院は産科医がいなく管理者が助産師です。
助産師が分娩、保健指導などを行う施設です。

 

助産師は医師でないので医療行為は行うことはできません。
その為助産院では帝王切開や麻酔は医療行為になるため行えません。
会陰切除もメスを使用するので医療行為になるため病院でしか行いません。

 

助産院ではリスクなく自然分娩で安全に出産できると想定された場合だけ分娩を扱うことができます。
医療の力を借りずにママの産む力と赤ちゃんの産まれてこようとする力を手助けし自然の力で出産することを目的とした施設になります。

 

ただ、通常助産院は病院と連携しているので、トラブルが起こった際は病院に協力してもらえるよう準備されています。

 

 

病院で出産する大きなメリットは病院では医療施設が整っていて、医師がいるのでトラブルが起こった際は迅速に対応ができ、医療行為ができるので安心です。
高齢出産、切迫早産、多胎などリスクの高い妊婦さんは特に安心して出産することができます。

 

大学病院などになると、新生児集中治療室などがあるので万が一の事態に備えることができます。

 

ただ、産科医が不足していることもあり病院だと待ち時間長かったりすることも多いようです。先生が毎回変わるのでコミュニケーションを取りづらかったりすることもあります。
出産時も看護師、助産師が分娩まで誘導して直前に医師が来ることが多いので医師がつきっきりで対処することは少ないです。

 

助産院のメリットは、検診から出産まで同じ助産師さんが行ってくれるのでコミュニケーションが取りやすく相談しやすい雰囲気なので、精神的に安心できます。
また、自分が希望するスタイルで自然出産ができます。
病院では分娩台に乗って出産しますが、助産院は布団などで出産するので寝たまま、立り膝などいきみやすい姿勢で産むことができます。

 

ただ、助産院は医療行為は行えません。何かあったときは病院にお願いすることになります。提携の病院などを確認しておく必要があります。

 

助産院での出産も病院での出産もメリットデメリットがあります。
自分の出産をどのようにしたいのか?何が重要なのか?を考えて満足いく出産ができるよう準備しましょう。