どうせ水を飲むなら硬水で便秘解消を

どうせ水を飲むなら硬水で便秘解消を

水を飲んでも太るからと水分摂取を控えていませんか。

 

水を飲んでも太ることはなく、上手く排泄できず体内に滞るので体重が増えてしまうだけです。水分を控えすぎると便秘になり、老廃物がたまってさらに太りやすい体質になります。

 

便秘を解消するには適度な水分摂取が必要です。どうせ飲むなら便秘解消によいものがいいですよね。おすすめは硬水です。どうして硬水が便秘によいのでしょうか。

 

硬水とは

 

水にはカルシウムとマグネシウムが含まれており、1000ml中のカルシウムとマグネシウムの量を表した数値のことを硬度といます。硬度が120ml/以下を軟水、高度が120ml/以上を硬水といいます。硬水とはカルシウムとマグネシウムが多い水のことです。

 

日本の水は軟水が多く、日本が採水地のペットボトル入りの水や水道水はほとんどが軟水です。軟水は口あたりがまろやかな特徴があります。海外の水は香水が多く、しっかりした飲み応えがあります。

 

硬水が便秘にいい理由

 

硬水にはマグネシウムが豊富に含まれています。マグネシウムには便に水分を引き込む働きがあり、便が水分を吸って柔らかくなり、排便しやすくなる作用があります。マグネシウムは便秘薬にも使用されています。

 

硬水といってもカルシウムが多くマグネシウムが少ないものもあるので、購入の際はマグネシウム含有量を確かめてください。

 

注意点

 

硬水ばかり飲んでいるとお腹が痛くなったり、下痢をすることがあります。お腹の調子が悪くなったら、しばらく硬水を飲むのをやめて様子を見てください。

 

1日の水分摂取量は1.5〜2Lが目安です。たくさん飲めば飲むほど便秘によいのではなく、胃酸が薄まって消化に負担がかかってしまうので、適量を飲むようにしましょう。

 

冷たいものをがぶがぶと飲むとお腹が冷えてしまい、腸の血流が悪くなって腸の働きが鈍くなります。水は常温か白湯を飲むことがおすすめです。一度に大量に飲むのではなく、こまめに飲むようにしましょう。