カボチャは風邪やC型肝炎などに効果的な野菜

カボチャは風邪やC型肝炎などに効果的な野菜

βカロテンは足りていますか?

 

風邪やC型肝炎などに効果的な野菜ですが、他にもいろいろな栄養素を含んでいます。ここではカボチャの栄養素と効果について解説します。

 

カボチャはβカロテンが豊富な他にビタミンB1、B2、C、カルシウム、鉄などをバランスよく含んでいる栄養面では非常に優れた野菜です。

 

中でもβカロテンの含有量の多さは際立っています。このビタミンAは風邪やC型肝炎の感染症、ガンといった免疫力低下による病気を抑える事で知られています。βカロテンには粘膜などの細胞を強化し、免疫力を向上する効果が期待できます。免疫力が強くなると外から侵入してくる有害な細菌やウイルスを退治する事に加えて、抗がん作用も強くなります。またβカロテンにはアンチエイジングの効果もあります。

 

体内細胞が酸化するとガンや老化などの原因になりえます。体が酸化する事から守るには毎日の食事の中で抗酸化作用のある成分を摂る事が肝心です。そのためにはβカロテンを摂りたいところです。他にもカボチャにはポリフェノールやビタミンC、Eなどの抗酸化成分がたくさん入っています。抗酸化力が強い野菜という事が出来ます。更にはカボチャには冷えを改善する作用もある事から、冷え性の人も食べるようにすると良いでしょう。

 

温かいスープなどにしたら保温効果も高いですし、体力回復も出来ます。また、カボチャは夏至に食べると良いとされていますがその理由はこの時期にカボチャを食べるようにしていれば、風邪の予防に繋がるから、という事です。ビタミンAとCが粘膜の抵抗力を強め、細菌感染の予防ができます。体力が弱く、貧血気味の人が習慣的に食べるようにすれば、鉄分、カルシウム、ビタミンCなどの作用で症状が改善されます。

 

また、胃や腸の潰瘍にはカボチャのポタージュがいいのですが、これはカロテンとビタミンCに細胞粘膜を正常にキープする働きがあるからです。ここに挙げたようにカボチャにはたくさんの健康効果が期待できます。毎日の食事にカボチャが入れてみてはいかがでしょうか。